Darkside(https対応しました)

2008年1月13日(日) 16:55

代替電源

 正負15V電源は普通に出回っているコーセルの DC-DC を採用。300ミリワット出力で十分足りると思われる。
 もちろん入出力絶縁タイプなので、扱い易い。

 入力側にOSコンデンサーをセットしておく。
 この段階でラジコンバッテリーを接続し、出力側の電圧を確認。正常動作している。

 DAC-AH 側の受け入れ配線を行う。水色がマイナスの15V。

 オペアンプの改造も必要なので、慌ててコーセルを取り付けると作業性が悪い。しばらく保留。先に5V系を進める。

 以前デジカメ用外部電源として作ったものを流用。最近まるで稼働していないせいだ。しかし、稼働実績はそれなりにあり、デジカメを快調に動作させた。DAC-AH もちゃんと動かしてくれるだろう。
 電圧調整のボリュームを露出させ、4Vだった出力電圧を5Vまで上げる。

 FDKコンバーターは性能実績ともに文句無しのリーサルウエポン。死蔵はもったいない。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4