Darkside(https対応しました)

2008年2月22日(金) 17:20

仕上げに掛かる

 ラジコンバッテリーのコネクターと各コンバーターの入力を結ぶ配線を、正式に決定。

 ハンダ付け接続部分に、副次電源を貰うための細い配線も用意する。黒は冷却ファン電源のGND。白はグリーンブースト用。黄色は冷却ファン電源のVcc。

 レーザー電源に接続する配線は、ギリギリ短くなるまで切り詰め直した。ラジコンバッテリーを出し入れする際に引っ掛からないようにするためだ。

 また仕切りアングルは一度取り外して、レーザーのアルミ合金台と接触する部分をガムテープで絶縁。普通は絶縁ビニールテープの出番だが、電圧が低い場合は布ガムテープの方が丈夫との印象を持っている。
 アルミ合金台は、グリーンレーザーのアノードと短絡しているため、絶縁しておかないとトラブルの元だ。

 筐体側面板に開けた穴。左から主電源スイッチ、グリーンブーストスイッチ、そして見ての通り光デジタルケーブル用。
 ケーブルを差し込む DAC-AH 側は、♀コネクター上部に2ミリのネジ穴が確保されており、抜き差しに伴う外力を支えるネジ止めを可能としている。しかし試しに開けた穴に2ミリのドリルを差し込むと、2ミリほど高い位置に開けてしまったと判明。

 こんなシンプルな穴でも、アルミではなく鉄板に開けるとなるとかなり苦労する。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4