Darkside(https対応しました)

2008年2月26日(火) 17:56

トラブル発生

 各振れ角においける追従限界を調べ、WAVファイルを合成する際に最適な速度で座標を変化させる。WAVファイルの合成はパソコン上で行うため、レ−ザースキャナー本体のハード製作とは無関係。つまり、後は天板を仕上げてしまえば完成。
 そう思ったのだが、突然問題が連続で浮上し延長戦が必至となった。

 まず、振れ角ごとの追従タイム。
 2048の最大では20サンプリングだった。WAVは48KHzなので、48サンプリングで1ミリ秒となる。ところが、1024でも512でも256でも、18サンプリングを要したのである。128まで縮めてさえ16サンプリングは必要。ガルボミラーのスペックでは振れ角が8度以下になれば250μ秒で追従可能となっている。つまり、12サンプリングでOKなはずなのだ。
 だが、振れがかなり小さくなっても追従速度が向上しない。

 そればかりではない。更に半減させて一辺64の正方形を描かせようとしたところ、どんなに速度を落としても図形が描かれなくなったのである。レーザーはほぼ一点に留まったままだ。
 D/A変換が適切に行われているか、じっくり調べ直さねばなるまい。そして、現実としてある程度小さい図形が全く描けないとなれば、原因と解決策を発見せねばならない。

 続いて、主電源スイッチだ。
 スイッチを切ったままラジコンバッテリーを一晩接続しておいたら、完全に空になってしまった。7.2Vのバッテリー電圧が4.4Vまで低下の過放電状態。どうやら、コンバーターのリモート端子で出力をOFFにしても、馬鹿にならない待機電流が流れるようだ。実は、その可能性を当然危惧していたので、試しにバッテリーを接続したまま放置したのだ。
 これは、面倒がらずにFETスイッチング方式に変更すべきだろう。

 いずれにしろ、作業のためには側面板を一度取り外さねばならない。
 そこでついでに、左側面の空冷ファンにガードを取り付ける。やはり操作していてここに指を突っ込むケースはかなり多いのだ。ガード無しだと想像以上に使い勝手が悪い。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4