Darkside(https対応しました)

2008年3月5日(水) 17:23

更に調査

一辺が論理サイズ8×4=32の正方形を使用。

 座標先行量128。小さな正方形が描かれる。辺が短過ぎるように感じるが、そもそも8×4=一辺32というのはかなり小さく、これが正解ではないか?

 座標先行量256。オーバーシュート気味だ。正方形も明らかに大きく投影され過ぎている。

一辺が論理サイズ128×4=512の正方形を使用。

 座標先行量512。
 これでほぼ適正だ。描かれる図形が大きくなっているため、鏡で反射させず近距離投影。そのため、輝きが強烈になり過ぎている。絞りを一杯に絞り込み、感度を50に落としても露出オーバー。これ以上暗く写せない。

一辺が8×4なら先行量128よりやや多い?128前後でいいのかも。
一辺が16×4なら256よりやや少ない先行量。
一辺が32×4なら先行量256前後。
一辺が64×4なら256よりやや多い先行量。
一辺が128×4なら先行量512前後。

 これだけの情報だと、適正先行量は移動量の平方根を取って50倍した程度か?
 シンプルな四角を描かせた場合、一辺が64までは点しか描かれず、128にならないと四角にならなかった。つまり、本来の移動量+先行量が64ではガルボミラーが動かず、128かその近辺の移動量を確保せねばならない。一辺が4×4=16の正方形も試したが、図形が小さくなり過ぎて適正先行量は不明。しかし先行量64では点のままだった。
 つまり、おおむね移動量の平方根の50倍程度が適正先行量だが、本来の移動量が1とか2とか4のように極端に小さくなった場合は先行量が70〜120あたりのどこかに収束するようにせねばならないだろう。

 一方で、本来の移動量が大きい場合も際限なく先行量を増やすのが良いとも思えない。
 ガルボミラーも含め物体が加速する場合、加速度が一定なら移動量は時間の2乗に比例する。ミラーが加速中であれば、適正先行量が2乗あるいは平方根絡みになるのは納得できる。だが、パラメーターが小さい側にも大きい側にも永久に外挿し続けられないのもまた明白だ。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4