Darkside(https対応しました)

2008年11月30日(日) 20:52

元の鞘

 凸レンズ本番を調整で投入できないのは残念だが、ホッとした部分もある。とにかく取り付けに神経を磨り減らすのだ。絶対に傷つけてはいけないため、付けたり外したりは1回でも少なくしたい。再注文は可能だから傷付けても別に死ぬ訳ではない。しかし金銭的にも精神的にも大ダメージになる。特に、レーザー製作のモチベーションが下がっている現状においては。
 共振さえすれば一気に気分が盛り上がるのだが、長年苦労して来て非常に懐疑的になってしまっている。外部共振器によるCW発振というのはプロは古くからやっているが、だから簡単というものではない。

 キャビティーを台から降ろして慎重に凸レンズを外し、箱に収める。ピンホールをセットし、キャビティー台を元通りに置く。秋月グリーンレーザーを照射すると、ピタリと元通りにビームが貫通した。ピンホールでも、短時間で一気に処理すれば0.1ミリまでは追い込めそうだ。秋月グリーンレーザーの安定性の方が問題なのかもしれない。かなりビーム品質は良いものの、製品として売られているDPSSでさえビーム照射向きの不変度はカタログスペックの1つに存在する。
 この廉価DPSSが、日によって0.1ミリラジアン以下で照射向きがズレてもおかしくない。

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4