Darkside(https対応しました)

2020年11月19日(木) 20:55

ハード完成

 ハード部分の組み立てが、終了した。

 要領が分かると、やることは分かり易い。だが、細部の作業は面倒で時間が掛かる。使い物になるパーツを用意したり加工したりする面倒さに比べれば、遥かに楽ではあるけど。

 Z軸はステッピングモーターへの配線も、当然に存在しない。仮にセンサー付きモーターだったら、トラブルになるところだ。

 危惧していたヘッド重量の増加は、特に不安を感じない。それ優先で選んだだけあり、保持は極めてガッチリしている。

 この中華加工機は、世間に通る型番として、CNCC2417 と称するようだ。占有床面積は40センチ四方ぐらいで、高さのない部分が多いため存在の圧迫感が小さい。住宅事情に合っている。
 組み立てが思ったより面倒臭かったわけで、分解も面倒はなず。それでも、廃棄や引越しにも向いているのは間違いない。

 自分がピッタリだと感じたようにこれに魅力を感じる人間はそれなりに居るようで、ネットでもそこそこ情報が存在する。

 問題は、ソフトウェアである。付属ソフトは、そもそも中国語であって文字化けが酷い。言語設定は英語などに変更できるが、日本語というのはない。更に、英語に変更しても化けまくりで何が何やら分からない。
 画面上の十字ボタンをクリックすることで、モーターを動作可能。これにより、X軸もY軸もしっかり動くことが確認できた。ただし、Y軸は逆向きに動いてしまう。まあ最初から動かないのに比べれば、遥かに希望が持てる。

 MM Speed というのはどうやら毎分何ミリの移動速度にするかというパラメーターのようで、予定速度の秒速3ミリだと、毎分180ミリとなる。200に設定して、快調にモーターは動作。ただし、600とかにするとエラーが出てすぐに止まる。脱調検出ぐらいは、やっているようだ。脱超防止機能までは付いていない模様。
 自分の想定仕様では、毎分200ミリで動かせれば充分なので、特に問題はない。
 そもそも本来がCNCなので、高速移動を想定していない。高速移動タイプのプロッターなら、ネジではなくベルト駆動になってるものだ。ネジ駆動は、遅い。しかし、力が出せる。

written by higashino [レーザーカッター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4