Darkside(https対応しました)

2009年3月25日(水) 17:21

ダミー砲身

 厚紙を筒にしてダミーコイルを製作。

 上はLEO製1/35主砲パーツ。下は外径22ミリ全長69ミリとした。砲耳マークを50ミリの位置に付ける。

 これは1/35ストームタイガーの残骸。戦場で放棄された破壊車両みたいな雰囲気を漂わせている。

 実際のコイルからは配線を引き出さねばならない。これが難物で、砲に仰角を掛けると配線が支持架に干渉してしまう。そのため、支持架は細くなる。ところがコイルガンの反動は強大なので、支持架には強度を要求される。そうなると1/35同様にステンレス板をハンダ付けするしかないだろう。
 しかも、配線が2組だった1/35に対し、今回の1/24は4組になる。砲の上下に伴って配線も引き回されるため、片側から4組8本はいかにも辛い。だから左右に振り分ける。そうすると、左だけでなく右の支持架も細くせねばならない。

 支持架の構造はオリジナルの戦車と異なり、プラモデルとも異なる。そこで、支持架の寸法は実車関係ではなく自作1/35の支持架を参考にし、35/24倍してやる。これが意外にキリのよい寸法になる。
 1センチアングルで長さ5センチ。下部は45度カットで、砲耳は上部から1センチ下ったド真ん中でいい。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4