Darkside(https対応しました)

2009年4月6日(月) 17:32

シャフト固定

 厚さ2ミリのポリカーボネイト板を、72ミリ×10センチに切り出す。片側に寄せてベアリング用の6ミリ穴を開ける。位置が偏らないよう、最初に4ミリ穴を開けて計測しつつヤスリで削り広げ、最後にリーマーで仕上げた。穴1つでも大変。

 玉送りギアはアームが収まるくぼみを掘削。これがないと、回転軸を固定できない。

 回転軸には3ミリのステンレスシャフトを採用。

 アクリル円盤にシャフトを差し込んでも、固定は絶望的。だからアルミアーム追加だ。

 物凄く分かり難いけど、ベアリングは既にポリカーボネイト板にハマってます。そして、パーツは板の上に乗っています。

 ステンレスのシャフトを切断し、回転止めの切り欠きを作るのは大変。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4