Darkside(https対応しました)

2009年6月18日(木) 21:16

受光OK

 受光ユニットに三端子レギュレーターを合体させる。

 もちろんツェナの配備は忘れない。

 装填機構に実装する際の配置を考えつつ組み合わせる。

 チップ型C1623にGNDを慎重にハンダ付け。

 長く飛び出している線がPIC入力への接続用。
 光が当たらないときは5Vにプルアップされ、当たると0Vに向けて引き下げられる。

 赤外LEDとセットで動作試験。

 この状態だと光が当たらないので、5V近くになっている。環境光があるから5Vよりは僅かに低い。
 受光側を持ち上げてLEDに正対させると、一気に0V近辺に下がる。5センチぐらい離れていても楽勝であり、検出部に必要な2センチ弱の間合いでは全く問題なさそうだ。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4