Darkside(https対応しました)

2009年7月13日(月) 21:08

レーザーと念入り対策

 三端子レギュレーターを制御基盤に取り付け、最後にレーザーダイオードと合体。熱に弱いのでハンダ付けには神経を使う。
 基板上の半固定を反時計に回してレーザー出力をアップさせた後、全体をエポキシで固める。

 所詮は数ミリワットの赤なので、晴天屋外では視認し難い。しかし、曇っていればあるいは日陰であれば、屋外でも数メートル先に視認出来る。実運用時はレーザーを点滅させるので、更に視認し易いはずだ。

 レーザーを設置出来る空間は極端に制約されている。これより右だと放電配線に干渉するし、一見たっぷり余裕の左には砲身上下サーボが来る。

 ここでひとまず動作チェック。射撃管制PICに簡単なプログラムを書き込む。受信機からトリガーを読み、それに応じてレーザーをON/OFFさせる。
 送信機のGEARスティックをパチンパチンと切り替えると、ちゃんとレーザーが点いたり消えたりした。

 外径7センチの旧・弾倉を切断し、とあるパーツを作る。

 アクリル円筒から切り出すのが面倒だったので廃物利用。

 砲架の可動床に接着。

 このパーツは、装填したパチンコ玉が戦車内に脱落するのを防ぐ。テグスとピアノ線による保持はかなりしっかりしているが、これはラジコン戦車でありそれなりの振動を受ける。万一にでもパチンコ玉が戦車内に落ちると、短絡事故の元となる。
 そこで、対策し事故を未然に防ぐ。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4