Darkside(https対応しました)

2009年7月31日(金) 21:00

修理が成功し

 言うまでもなく、壊れたのがツェナダイオード1個だけだったのかどうかは分からない。故障してもそのパーツが短絡状態になるとは限らず、実際に動かすまでは直ったかどうか不明。

 まずは、ハンダを外した多数の配線を元通りにする面倒な作業が続く。こうして手術は終了したが患者が目を覚ますかどうか?

 砲架弾倉ユニットを合体させ、ラジコン送信機のスイッチを入れる。戦車本体の電源も入れると、以前と変わらず起動輪は回転しスティック操作に応じて正常に回転数が変化する。
 復活した。手術は成功したようだ。

 引き続き、コンデンサー充電器に大容量バッファーを追加する。フィルムコンデンサーとしてはかなり大型の、耐圧400Vで4.7μFというスペックだ。
 設置場所にあてがい、配線の向きと長さを決める。

 コンデンサー充電器の単体作動を行うので、走行系PICからの停止信号線は外したままにしてある。このコイルガン戦車にユニットをフル装備し全配線を接続すると、送信機の電源が入っていない場合コンデンサー充電器は動作しないように設計されている。

 受信機の出すパルスは全チャンネルとも、どこかのPICがまず受け取る。サーボ等に直結されるチャンネルはない。
 送信機の電源が入っていないと受信機がパルスを出さず、それをPICが認識して周辺装置の状態を安全側にキープする。送信機の電源を入れ忘れたまま戦車のスイッチを入れても、暴走しない。

 フィルムコンデンサーの配線をハンダ付け。

 コンデンサー充電器と接続する配線が少し浮いているので、メインコンデンサーと干渉するかもしれない。配線をピッタリと床に這わせるには、フィルムコンデンサーを斜めにせねばならない。その状態でエポキシで固めるのが良いだろう。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4