Darkside(https対応しました)

2009年8月10日(月) 12:09

実装の問題

 砲架弾倉ユニットと下部車体を合体させると、さっそく問題発覚。

 合体させずあてがって概略見ていた時は重ならないと判断したのだが、実際にはコンデンサー充電器との信号コネクターはメインコンデンサーと重なっていた。これでは、メスのコネクターを物理的に差せない。高さが足りない。

 更に、コイルガンのローサイド放電回路へ接続する配線に1KΩを追加したことで配線が太くなり曲げ難くなった。いざコネクターを差すと横に大きく張り出してしまい、メインコイルとの接続配線の邪魔になる。
 下部車体に上部車体をハメるネジ穴も邪魔な位置に来ている。

 コンデンサー充電器との信号やりとりは、やむを得ず大型フィルムコンデンサーの位置でコネクトさせる仕様に変更。PIC側はコネクターピンを切断して短くし、配線をハンダ付け。

 いつも通りエポキシをパテに使い、物理強度を上げてある。

 空間が余裕が無いこのコイルガン戦車において、唯一空間が余りまくっていた車体後部左角。

 おかげで助かっている。
 無駄に空いていた空間も、かなり活用が進んでいる。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4