Darkside(https対応しました)

2009年9月19日(土) 18:14

ゲート逆電位

 330V放電からの破壊波形を取得するために、新しいIGBTユニットにトランジスターを取り付ける。併せてゲート逆電位の確認も行うため、ショットキーバリアダイオードをゲート逆電位保護として追加。

 まずは、150V放電で状況を確認。もう見慣れた波形が現れる。
 これにより、プローブのセットやパーツの組み立て、あるいは初期不良は大丈夫そうだと分かる。

 重大な事実は、ショットキーバリアダイオードで保護しているにも関わらずゲートに派手な逆電位が発生していることだ。明らかにおかしい。

 そこで、チャンネル1すなわち黄色いゲート電位測定プローブのGNDピンを、IGBTのすぐ近くに取り付け直す。ここは狭くて、片チャンネル分しか取り付け出来ない。

 この写真を見ると、プローブでか過ぎるという意味が分かると思う。

 再度150V放電やると、ゲート逆電位は消滅した。自分がかなり疑っていた通り、逆電位は見かけだけの現象だった。コイルガンの強力な電磁パルスにより誘導電流が発生し、GND電位が動いてオシロが騙されていたのだ。
 ゲート逆電位は、IGBT破壊の犯人ではない。

 ただし、実際より遙かに低い電位が測定されるということはチャンネル2で測定しているIGBTの+側電位も低く測定されているということになる。サージ電圧オーバーシュートは小さく見えるが、実際は遙かに高い電圧が発生しているのではないか?

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4