Darkside(https対応しました)

2009年10月26日(月) 21:40

3段目の製作

 第3段のユニットは、基本的に第2段と同様に作成する。しかし、回収先コンデンサーが第3群になるため、久し振りに緑色の充電用配線をハンダ付け接続する。
 これで、すべてのコンデンサーが330Vまで充電されるようになった。

 第2段の左隣に第3段のユニットを取り付ける。

 第4段関係のパーツは全面的に配置し直すため、すべて取り去っておく。第3段の試験に影響を及ぼす可能性を排除したいってこともある。

 車体に取り付け。
 必要な配線を行う。

 コンデンサー&放電回路のユニットが、車体側のパーツと干渉せずスムーズにセット出来るかどうか。写真で見て右から左にスライトさせるようにGND金具を重ね、ネジ止めする。
 そしてこの後、砲架弾倉ユニットを干渉無しにセットできるかどうか。
 いずれも常時の確認を要する。使える空間にパーツが収まり切らないと困る。

 ともあれ肝心の放電試験だ。330Vフルチャージから撃つと、結構いい勢いでパチンコ玉が発射された。だが、それっきりコンデンサー充電器は沈黙し、調べるとIGBTが壊れていた。
 第1段と第2段のIGBTは壊れていなかった。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4