Darkside(https対応しました)

2009年11月20日(金) 21:53

前部フェンダー

 前部フェンダーを作る。
 現物合わせしたいため、ハンダ垂れ防御の紙を設定。

 防盾は実車より大きめになってしまったが、イメージ的にはこれぐらいの方が合う。スケールモデルへの組み込みだが、動く模型ってことで見た目より機能を優先させた。

 すなわち、「主砲の仰角が実車と同じ範囲で動かせること」「防盾のサイズを実車と同じにすること」より優先させた。

 フェンダー本体は0.3ミリ厚のステンレス板を使用。
 小形ヒンジをハンダ付け。

 ラジコン戦車において、フェンダーは非常に破損し易い。これぐらいでないと安心出来ない。

 斜めにズレないようハンダ付けするのは結構骨が折れた。
 何とか、まずまずの仕上がりになった。

 戦闘室には本来いろいろなパーツが付いているが、のっぺらでも雰囲気は出ている。正面の顔において、フェンダーはかなり重要。
 0.3ミリのステンレス板にはもちろん刃は付いていないが、手が切れそうになるのでちょっと怖い。バタ付かないようヒンジはハンダで固着してある。

 フェンダーがあると戦闘室を取り付ける際に主砲が邪魔となるため、デフォルトの主砲角度を水平から45度付近へと変更した。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4