Darkside(https対応しました)

2009年11月30日(月) 21:15

セコセコ改良

 先週の土曜は Engineer Award 2009 の電子工作部門ファイナルだったが、今週の土曜は引き続いてライントレース・ロボットのファイナルが行われる。同時に全部門共同のファイナルでもあり、コイルガン戦車も展示用に再出撃の予定。

 それに向けて更に、と言いたいが実はこれらの作業は先週の金曜夜にせっせとやっていた直前作業だったりする。

 展示は室内なので放置しても大丈夫だが、ピーカン屋外でのジャムを防ぐため遮光を強化。防盾の盛り上がりをパテで増量し、装填位置での光漏れを減らす。
 受光センサーの周囲をパテで固め、光が入り込まないようにする。

 弾倉は透明プラスチックなので、光ファイバー同様に光が伝わる。塗れる場所は黒塗りして光が入り難くする。本来は電磁シールド用である銅テープを、遮光用に使用。
 受光センサーが入っている穴にまでかぶせたら、ちゃんと穴は開けてあるのに逆に受光不能になってしまった。穴のすぐ上でテープを千切ると動作した。

 アンテナを新造。どうやら23日の撮影から引き上げる際に、現地に忘れてしまったようだ。しかし受信アンテナは簡単に作れる。適当なピアノ線とネジをハンダ付けすればいい。ネジは頭を切断。ピアノ線は今回余っていたステンレスパイプを使用。先端は安全のため、輪にした真鍮線をハンダ付け。元のよりいい感じだ。

 取り付け部分が装甲なりに斜めなのもカッコ悪いので、エポキシで固めて垂直にアンテナが立つよう修正する。

 ライントレース・ロボットは自立型だがラジコン戦車の親戚みたいなものなので、電子工作部門より溶け込めるかもしれない。
 それは別としても、MTM05 にはほぼ確実に出撃予定だ。もしコイルガン10が間に合えば、一緒にコイルガンコンビとして。間に合わなければ単独で。
 そうなると、完成度を高めるのは重要な作業。特に、ピーカン屋外での安定動作はしっかり確認したい。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4