Darkside(https対応しました)

2014年5月31日(土) 20:34

こっちを進める

 無線を使うアイデアまで思い至ったことにより、大型表示板の方も俄然製作意欲が沸いて来た。LCDは有線の手元表示用になるわけで、無線が威力を発揮するのはコッチである。
 作業再開にあたって回路を確認すると、基本パーツの実装はほぼ完了していて、配線が面倒過ぎるので放置という感じだ。ここで威力を発揮するのが、錫メッキ銅線。さくさくパターンを引き回し、立体交差せざるをえない部分だけジャンパーを飛ばす。
 時間は要したが、小数点LEDを除いてGNDとVccの配線が完了した。

 別に高度な情報を遣り取りする訳ではなく、単純なスモールデーターを一方的に送るだけなので、Bluetooth でなくても XBEE で良いのではないか?
 日本では小規模無線局の出力制限が厳しいので、どれだけ飛ぶかという点では製品ごとの差は出難い。しかし消費電力には大きな差がある。千石で扱っている XBEE モジュールは、低消費電力で良さそうだ。秋月のやつとは数倍の差がある。

 XBEE にしろ Bluetooth にしろ、3.3V動作の製品だらけ。PIC16F88 Cは基本5Vだが、8MHz動作時は2.9Vあれば動作する。無線モジュールもPICもすべて3.3V動作で統一すれば済む。
 大型表示板はLEDのスイッチングにFETを実装している。K2963で、データシート上は20ミリアンペアのような小電流であればゲート操作電位3Vで十分に働く。 ゲートとPIC端子を200Ωで接続すれば問題ないだろう。

 LEDは4直列で、電流制限抵抗150Ωが付いている。もう記憶に無いが12V掛ける前提で設計したのだろう。1セットあたり15ミリアンペア程度なら、フル点灯でも秋月の DC/DC コンバーターモジュールで足りそう。

written by higashino [高度測定装置] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4