Darkside(https対応しました)

2010年11月30日(火) 21:37

構想は出来た

 結局ピントリングの鍔は両方とも外す結果になった。

 もう片側も、板金用ハンダゴテで溶かすと分解にそれほど苦労しなかった。余計な場所まで加熱し過ぎるのが怖かった程度。あと、煙が酷くてレンズを汚染しないか気になった。

 レーザー装置は光学系が命。

 ギアの高さを一定に保つための手法を構想する。

 ギアの厚さが4ミリなので、中間層も4ミリではキツくて回転出来ないと思われる。かと言って6ミリではアソビが大きい。かなり鬱っとうしいが2ミリ厚2枚と1ミリ厚1枚の、ポリカーボネイト3枚接着ということになりそうだ。

 そうして作った厚さ5ミリの空間にギアを収納し、上下から更にポリカーボネイト板で挟む。アクリルや普通のプラスチック板なら厚さ5ミリのもの一発で手に入るが、加工で割れ易い。強度も比較にならない。
 防弾用にさえ利用されるポリカーボネイトは、振動や衝撃に猛烈に強い。加工中にも、割れる不安など全く感じない。それでいてアクリダインは有効なので、非常に便利。

 問題は、数多くの枚数の板を貼り合わせるため、適切な穴を開ける加工が面倒なこと。かなり悩んだが簡単な話に気が付いた。長方形に切り出したまま貼り合わせ、後からドリルやヤスリを使ってまとめて開けりゃいいじゃないの。
 あと、設置面積も要注意。レーザーヘッドからハミ出すと、バッテリーの出し入れに干渉する可能性がある。

written by higashino [レーザー戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4