Darkside(https対応しました)

2011年2月8日(火) 22:31

思わぬ難題

 ユニットが完成したのは良いが、いざそれを所定の空間に固定しようとすると難題山積と判明。

 主鏡は当然だが砲塔の中央に設置する。しかし、砲塔の中央部は回転しない。回転するのは直径125ミリの円の外側であり、主鏡はそこに根を張らねばならない。
 レーザーの俯角を確保するには、主鏡は高い位置に持ち上げねばならない。これだけでも、どんな支持構造を作るか非常に悩ましい。重量を気にしなくていいなら、何の問題もないが。

 また、ギアの固定も想像以上に厄介だと判明。
 ビデオカメラとミラーの回転向きを合わせるため、第3のギアを中継に挿入する。そのギアの支持方法が、自明ではない。

 ビデオカメラは微動機構により床上げされているため、ギアの設置位置は相対的に低くなる。一方でミラーは比較的小型軽量の上にレーザー射出口だから、高めに設置したい。
 すると中継ギアは、ビデオカメラから見て上でミラーから見て下となる位置に挿入したい。

 ところが、ビデオカメラから見て上には微動装置が積み重なっているため、ギアのシャフトを通せない。
 下には幾らでも空間があるが、それではミラーも低く設置せねばなくなる。つまりは、重量物たるビデオカメラが高い位置になってしまう。

 ならば第3のギアのシャフトをミラー側に引っ張ろうとしても、ミラーの下側には空間がない。レーザー光路になっている。

 ビデオカメラの上側とミラーの下側には空間がない。
 ところが第3のギアは、そのどちらかにシャフトを出さねば固定できない。

written by higashino [レーザー戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4