Darkside(https対応しました)

2011年6月1日(水) 21:11

機械スイッチ使おう

 作っているうちに計画が膨張。
 今度は機械スイッチの増設。コネクターもそうだが、ベークライト基盤に適切な穴を開けるのが大変過ぎる。ドリルでは正確な位置に開かないし、形状を整えるのもカッターでは硬くてうまく行かない。ヤスリは穴が小さいので、これまた作業が進まない。

 用途はもちろん1番ピンとGNDを接続しての出力スイッチ。
 本番ではPIC制御するが、大きな問題がある。それは、GNDに接続したときはOFFでオープンならONという仕様。
 システム電源を投入した直後に、確実にOFFになっていてくれる保証がない。
 だから、セイフティースイッチとして機械スイッチを設置する。これでGNDと接続しておけば、確実にOFFをキープ出来る。PICを接続しない場合は、これが直接コンバーターの電源スイッチとして働く。

 1番ピンから機械スイッチに赤い配線が伸びるが、それとは別にもう1本が明後日の方向に出ている。これは、PICとの接続用にリザーブしておくため。

 PICと接続と言っても、データシートではFETなどで間接的に接続するのを推奨している。つまり基盤にまた穴を開ける必要があるだろう。最初にベークライト板を切り出したとき、ちょっと大き過ぎるかと思ったがこれで良かったようだ。

written by higashino [レーザー戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4