Darkside(https対応しました)

2013年1月16日(水) 21:37

グレー砲身カスタムの性能

 続いて、ジャーマングレー砲身を確認する。
 だが、こっちはまずホップアップを適正に調整せねばならない。集弾性やパワーは、ホップアップ次第で変わる。

 ホップが殆ど掛からないようにすると、弾道がとんでもない山なりになる。適正に調整しても、直進するのはせいぜい10メートルぐらい。それより遠くになると、ドロップする。飛距離20〜30メートルという公称は、大きな仰角を与えて発射した場合の最大飛距離だろう。20メートルぐらい直進してからドロップするという訳ではない。
 ほぼ直進する10メートルにしても、かなり散らばる。人間大なら確実にヒットするが、ヘッドショットは出来そうにない。

 それにしても、迷彩タイガーにグレー砲身は目立つ。しかし一見してカズタムだと分かるから、動画公開的には充分にアリだろう。少なくともこの組み合わせのバトルタンクは、写真や動画で見たことがない。つまり、あえて塗り直さずこのまま公開すれば、すぐにアレだと分かって貰えるメリットが生じる。

 エアガンとしては不本意な性能だが、それなりにベストぽいホップアップ調整を行ったので性能確認。

No. メートル/秒
01 48.40
02 46.33
03 48.50
04 46.63
05 50.00
06 49.14
07 49.67
08 50.19
09 51.45
10 50.20
11 50.63
12 51.24
13 51.72
14 53.10
15 46.81
16 47.71
17 52.89
18 52.39
19 48.72
20 51.76
最低初速 46.33
最高初速 53.10
平均初速 49.91
平均パワー 0.149ジュール

 迷彩砲身よりも、僅かにパワーは落ちている。だが、恐らくホップアップの違いだと思われる。BB弾を強く回転させれば、それにエネルギーを取られて弾速は低下する。そうではないとしても、ほとんど誤差の範囲内でしかない。

 前回も書いた通りパワーはオリジナルでも充分なので、問題は命中精度。
 距離225センチから20発撃って、グルーピングは約4センチ。オリジナルや迷彩砲身で発生する上下のバラツキが大きく改善されている。これで10メートルも離れれば論外なバラツキになる訳で、オリジナルだと論外に論外が重なる。

 道理で屋外射撃で、タマがどこに飛んで行ったか良く分からなかったわけだ。

 電動ガンBoysのチャンバーパッキンを移植した、ジャーマングレー砲身カスタム。こっちを使ってみよう。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4