Darkside(https対応しました)

2010年1月25日(月) 21:06

液晶ディスプレイ

 凄く単純な事実に気付いた。

 ヒーターもサーミスターも、極性がない。よって、対称型に信号を割り当てれば逆接続可能となる。わざわざ4ピンコネクターを調達しなくても、逆接続防止対策無しのピンヘッドで用が足りるのであった。

 PIC16F88の初期化部分を苦労して記述し、以前作り掛けた弾速計のプログラムからLCD表示部分を移植。画面にHELLOならぬPUSHと表示するプログラムを書いて、動かしてみる。
 だが、液晶には何も表示されない。

 単純に、LCDの初期化ルーチンを呼び出していなかった。

 初期化を通すと、表示された。しかしなぜかUの文字だけだ。
 正常動作しない理由として、基板配線のミスなどハード要素とソフトのバグという要素があり得る。このような場合に原因の切り分けが厄介なのに、今回は更にPIC16F88を扱うのが初めてという事実まで絡む。
 つまりは、PICの仕様に対する理解不足という第3の要素だ。

 厄介極まりない。
 LEDはA4に接続されていて、単なる動作モニター用。2つ並んでいるのは予備で、基本的には一方しか使わない。

 こっちの原因は、制御信号の上げ下げが不十分なせいだった。

 以前作った弾速計では、データ出力はポートB上位4ビットを使うとして、制御信号はポートAを割り当てていた。ところが、今回は制御信号もポートB下位を使ったのだ。
 そうすると、単純にポートBにデータ出力すると制御信号まで変化してしまう。そこを考慮してプログラムを少し変えねばならなかった。

 液晶ディスプレイは軽量だが、塵も積もればの例え通り本番では使いたくない。複数のLEDがあれば十分だ。デバッグ用に取り付け可能にしたいものの、レーザー銃は取り外した状態で運用出来るようにしたい。

written by higashino [パルスレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4