Darkside(https対応しました)

2020年1月31日(金) 21:16

ステイタス取得

 状態取得で最も重要なのは、2つ。1つは、ステッピングモーターのエンコーダーであり、もう1つは TB6600HG のMOだ。
 MOは、ドライブ信号が1ステップ経過するごとに、1パルス発生する。負論理であり、通常はHになっている。
 PIC端子部分でオシロを使うと、案の定機能していない。ずっとLのままだ。

 原因はすぐに判明した。MOはオープンドレイン出力なので、外部プルアップを必要とするのだ。これも足を左右取り違えたのと同じパターンで、データーシートに記載されていることには最初から気付いていた。しかし回路図を誤読し、外部プルアップは不要だと思い込んでしまっていたのだ。
 プルアップ抵抗1つ追加するのも非常に面倒なので、PIC側の内部プルアップを有効にすることで代用。様子を見ることにする。

 ついでに、エンコーダーも確認。やはり、PICの端子部分でモニター。こちらは、正常に取得できている。

 本来なら5Vまで振れて欲しいのだが、別にこれでも問題はない。

 PIC内蔵プルアップを有効にすると、MO出力が期待通り取得できるようになった。プルアップ抵抗値が大きいため、50μ秒周期となる6000回転に追随できるかどうか微妙だが、ギリギリ大丈夫っぽい。

 データーシートでもプルアップ抵抗は51KΩ以上を推奨ということなので、レスポンスの高速性は最初から想定されていないようだ。ステッピングモーターの駆動用であり、6000回転ぐらいまで使えれば充分という考えだろう。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4