Darkside(https対応しました)

2020年11月16日(月) 21:32

型紙を引き直す

 位置合わせの下穴を掘るのは苦しいことが分かったが、1枚ずつ加工するのは可能では?

 そこで、ビームが貫通した1枚目を使い、3ミリドリルで穴を広げてみた。
 結果として、穴の中心を0.3ミリぐらいズラすことに成功!

 これを実物車体にあてがって確認したところ、ほぼ位置が合っている。背面を僅かに削れば、ネジ止めできそうだ。
 しかし穴の中心がズレることにより、穴周辺の肉厚に変化が生じる。ドーザーブレード収納位置ならネジ止めできるが、展開すべく回転させようとしたら詰まって動かなくなるだろう。

 そうなると、穴周囲のステンレスを注意深く削って行かねばならない。また、4枚の穴偏芯具合を揃えるのも、補助穴を貫通させる段階からしてフリーハンド勝負。

 決定的なのは、4枚の型紙を互いに固定するのにパイプを貫通させる方式に変えたこと。当初のモノコック方式だと、板厚を確保するためそれだけ更に削らねばならない。
 パイプ方式であっても3本使いたいから、その穴を3箇所に開けねばならない。もちろん、4枚の位置がキッチリ揃うように。

 追加加工の面倒さと精度を考えると、これ図面引き直して再外注が妥当では?
 ドーザーブレード両側面はそのまま使い、中間型紙4枚だけを再外注でいいだろう。

 外径4ミリのステンレスパイプを3本使う前提で、型紙を引き直す。
 回転軸は1ミリほどズラし、周囲の肉厚も一定になるよう調整。背面は、0.5ミリほど削る。

 回転軸の穴は3ミリだが、そうなると肉が薄くなって外注先には嫌われる。だから2ミリのままで、自分でドリルを使う前提のままだ。

 こうして、新たなAIファイルを作成した。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4