Darkside(https対応しました)

2021年7月8日(木) 21:41

個人と企業その差は工作機械

 完全に削り取るのではなくミゾを掘りたい上部は、少し密にした上でデーター修正。

 g-code 生成時は、レーザーヘッド移動時にレーザー照射を停止する通常のデーターとする(この一文に書かれた作業は Fusion 360 上で行うのではなく、その直後に手動編集する工程で行う)。

 更に、ヘッドの間合いを5ミリ以上確保してレーザー照射。

 相変わらずスラグは汚いものの、無事に照射完了。危惧されたほど過熱していない。

 だが、スラグを大雑把に削ったところ、予想ほど深く掘れていない。更には、ミゾになって欲しい部分は形状がナマっている。これでは、まるで使い物にならない。
 まだ最初の奴の方が遥かにマシだ。

 間合いを取り過ぎたことでスラグを吹き飛ばす力が弱くなり、照射休止を確保したこともあって掘削力が落ちたようだ。ただし、照射が重複している部分は焼損が激しい。
 これは、更なる改良が必要。

 一方で、最終的な削り出しには強力な研磨力が必要なことも見えて来たので、ディスクグラインダーを調達すべきだろう。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4