Darkside(https対応しました)

2021年7月30日(金) 21:30

古い方でいいよ

 どこからどう見ても、現象は起動しなくなったJetsonNano2GBをリカバリーモードで復活させる方法の記事と同じ。唯一違うのが、2GB ではなく 4GB 搭載の標準 Jetson Nano だという点だけ。
 動画編集用のゲーミングPCに、ubuntu をインストールさせることにした。Windows 10 システム用に 512GB のSSD搭載。動画ファイル用に8TBのHDDを2台搭載。このHDDのうち1台に1TBの区画を切り、そこに ubuntu を放り込む。残る7TBは Windows 10 からデーター用区画として使えるようにしておけば、動画編集時の使い勝手もほぼ損なわれない。

 ubuntu をインストールするだけなら簡単だが、下手なことをすると Windows 10 との共存に問題が発生したり動画編集時の使い勝手が悪化したりする。結構苦労してうまく入れたものの、SDKmanager のインストルでまた苦労。
 ようやくすべての準備が整ったものの、リカバリーモードで起動したはずの Jetson Nano が認識されない。これでは、手も足も出ない。電源LEDは点灯するが、モニターには相変わらず何も表示されないしホストPCからはUSB接続機器無しとして扱われる。

 マイクロSDカードへの書き込みが実は失敗しているとか、カードスロットが接触不良だとか、そっちも疑う。だが、2年寝かせた旧 Jetson Nano ならまだしも、新しく買った方まで端子が汚れているとは考えにくい。
 それでも新旧 Jetson Nano のサブ基板端子をクリーニングしたところ、何と旧 Jetson Nano の方が復活した!
 ジェットパックを入れただけのマイクロSDカードなので普通にGUIで立ち上がるが、ちゃんと画面が出る。

 サブ基板とIOボードを組み合わせて確認すると、旧・サブ基板と旧・IOボードの組み合わせだけが正常動作する。
 サブ基板とIOボードが新旧別になっていると動作せず、新+新でも動作しない。いずれも、電源LEDは点灯するが何も画面表示されない。そして、CPUは熱くなる。

 新 Jetson Nano は、IOボードにカメラ接続端子が2個付いているのがウリである。しかし、今となってはカメラ接続端子は1個で足りる。
 照準用ステレオカメラはUSB接続なので、操縦用広角カメラだけ専用端子に接続できれば良い。以前はこれに加えて、後方確認用カメラも設置したいと考えていた。実車Sタンクでは、後ろを向いて操縦する要員も搭乗している。それにより、スムーズに後退操縦できるのだ。だが、予想以上にラジコンSタンクの車内空間に余裕はなく、後方確認用カメラの設置は無理っぽいと考えている。仮に設置できても、カメラの切り替えに1秒ぐらい必要なので、実際の使い勝手は悪いと思われる。
 つまり、旧 Jetson Nano でも何とかなるのだ。
 「パソコンの不具合」を解決しようと湯水のように時間が浪費されるのが骨身に染みているので、あえて新 Jetson Nano を動かそうとせず旧の方を使うことにした。

 固定IP化してホストPCから有線LAN接続でSSHできるようにし、必要なソフトを入れ直して行く。

 まずはOpenCV を入れようとして調べると、どうやら最新が 4.5.0 まで上がってるようだ。さっそく wget したが、ドメイン名が解決できずエラー。Windows の場合だと、IPアドレスを固定にすると使用するネームサーバーも手動設定を要求される。では ubuntu でIPアドレスを固定にしたら、ネームサーバーは何を使うようになっているのだろうか?
 使用するネームサーバーは /etc/resolv.conf  に記載されているようだが、127.0.0.1 しか記載がない。これではネームサーバーが見つからず、ドメイン名が解決できないのも当たり前。さっそく、まっとうなネームサーバーに書き換える。しかし、やはり wget できない。

 確認すると、書き換えたはずの /etc/resolv.conf が元に戻っている。/etc/init.d/networking restart すると、元に戻るらしい。元に戻らないようにする方法はネット上にいろいろ転がっているが、どれを実行しても効果がない。
 結論として、/etc/resolv.conf は無視して別の所で設定するのが正解だった。書き換えるべきファイルは、/etc/systemd/resolved.conf だったのだ。これで、wget 出来るようになった。
 コンパイルには、2時間半ぐらい掛かった。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4