Darkside(https対応しました)

2021年9月14日(火) 22:10

LED追加

 処理速度に影響が小さく、外部から容易に確認できるステイタス表示。そう、LEDだ。

 未使用ピンは、まだ4本ある。いずれもGNDに短絡していて、使用するには基板パターン面の修正が必要となる。
 比較的修正し易い2本を、LED表示用に徴発することにした。

 手持ちLEDを漁ると、白とオレンジと黄色があった。オレンジと黄色でいいだろう。
 センサー接続異常なら、黄色を点滅させてモーターは強制停止。電流上限に引っ掛かったら、オレンジを点灯させる。オレンジの点灯具合を見れば、上限に引っ掛かっている頻度も見当が付く。

 そんな感じで、やってみたい。

 電流センサーを追加して時点で充分に過密となっていた基板が、いよいよ限界に近付いて来た。

 コネクターも既に5本が伸びているし、少しずつ増設したので実感が小さいものの既に相当な複雑基板になっている。
 仮にまた作り直しなんてことになったら、手間を想像するだけでうんざり。しかも、これでさえ市販ESCを乗っ取っているから、そのぶん簡略化できているのだ。ブラシレスモーターの自前制御は、面倒極まりない。

 ラジコン戦車に適した市販ESCが存在すれば、こんな苦労は不用なのに。

 作業の苦労は、報われた。

 Lチカ試験は、何事もなく無事に終了。dsPIC への書き込みが不安定になることも無かった。

 電流制限の簡易的なプログラムを作って試したが、機能するようだ。
 もちろん電流制限に引っ掛かった場合の動作をスムーズにしようとすれば試行錯誤と改良が必要だが、基本的には後はソフトウェアの努力だけで何とかなりそうな雰囲気である。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4