Darkside(https対応しました)

2022年1月25日(火) 22:15

まだまだ先は長い

 車体後部の側壁が、欠落している。
 ここを埋めるには、幅5ミリで長さ158ミリというステンレス板が欲しい。それには、幅5ミリのステンレス材が売っていれば楽。ところが、そのようなステンレス材は、見つからなかった。
 自力で、そんなサイズにステンレス板を切り出すのは、猛烈に大変。余りにも大変過ぎて、全く選択肢に上がらなかったのである。

 しかし今なら、レーザーカッターで簡単に切り出せる。
 射撃系も走行系もひとまず完成したこの段階で、車体後部を仕上げよう。そう考えたのだが、更に先送りすることにした。
 ハンダ付けするなら Jetson Nano その他を外すべきであり、面倒。更に、今度の展開次第で必要な板の形状が変わるかもしれないからである。

 延々と先送りしている最高に厄介な問題は、車体上部と車体下部をどうやって合体させるか?である。バッテリー交換やBB弾の補給が必要なので、車体は容易に上下分離できる構造でなければならない。その具体的な実装が、決まっていない。
 実装手法次第で、車体後部の側壁に突起等を設けたくなる可能性があり、その突起等を一体で切り出したくなるかもしれない。

 電動マガジンの駆動ギヤだが、しばらく放置していたところ回転がスムーズじゃなくなった。クラッチが組み込まれているが、無負荷で回してもクラッチが滑りまくる。

 清掃とグリスアップを行い、更に慣らし運転も重ねる。これで、スムーズな動きが復活した。
 機械的動作するユニットは、ほんとメンテナンスが欠かせない。

 回転軸の反対側に出ていたシャフトは、切り落とした。
 センサーの設置など将来的に活用する可能性があるからと残していたが、もう不要だと見極めが付いた。そうなると、少しでも空間を開けておくべく、除去するのがベターだ。

 駆動ギヤを固定。
 これも、作業中にネジの保持が困難で、非常にストレスが溜まる。弾性エポキシで駆動ギヤにネジを固定してしまえば作業は楽になるが、そうするとこの位置に設置すること自体が難しくなるのだ。
 とにかく空間不足で、ネジを突出させたままでは定位置に潜らせるのが難しい。

 電動エアガンのための配線も、かなり場所を取る。ヒューズを抱えているし、スイッチング素子周りもでかい。

 その他の配線も順序整理して行くが、以前に比べてカメラ用リボンケーブル2本が追加されているせいで、厄介さに拍車が掛かっている。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4